オトナ男子腕時計⑤

上質を求める40代の腕にはBRILLA per il gusto

上質なものを求める40代の男の腕には、
実にBRILLA per il gustoのFREDERIQUE CONSTANTが似合います。
ワンランク上の光沢があるから、
より大人な40代の男性の腕にも合いますね。

その日を刻んでは表示する日付けもオートマチックですから、
忙しいビジネスマンにも便利です。

このBRILLA per il gustoは、
レクタンギュラー型ケースとなっているのが個性的。

そこがシャープに腕に付けることができるポイントですね。

テンプは文字盤側が見えるようになっているのが、
仕事で忙しい40代男性をホッとさせる部分でです。

BRILLA per il gustoはスケルトンデイト機構がより美しく、
キラリとスーツの袖から見えれば、
ますますさりげないおしゃれを演出できるところです。

3気圧で38時間パワーリザーブという部分も、
ますます仕事にプライベートにと忙しい男性に合いますね。

渋みのあるステンレススティールだからこそ、
より上質感が増すところです。

汚れにくく、それでいて丈夫なこの腕時計は、
女性の気も惹くアイテムにもなりますね。

おしゃれを素敵に着こなすアラフォーの選ぶPaul Smith

どこまでもおしゃれ感を楽しみたいアラフォー男性には、
SmithPaulのCYCLE CHRONOGRAPHが似合いますね。

文字盤部分がポップなイエローカラーが個性的で、
パッと目を引くおしゃれさがあります。

このサイクルウォッチは、
ツール・ド・フランスの栄誉を表しているカラーでもあり、
自転車競技をこよなく愛するデザイナーの情熱を表すかのような元気な色が素敵です。

大きめのダイヤルがより見やすく、
ワラムルージュが12時の位置となっている部分も素敵ですね。

押しやすい大きめのプッシュボタンは快適で、忙しいビジネスマンにも便利です。

アルミリュウズはこれまたおしゃれな六角形となっていたり、
円盤の枠にもメタルで斬新な溝付きのデザインとなっているのも遊び心を感じさせるところです。

ロードサイクリングやジョギングにも最適なこの腕時計は、
健康を考えるアラフォー男性にもぴったりのアイテムとなるでしょう。

汗で汚れにくいブラウンカラーのバンドは、使うほどに腕に馴染みます。

5気圧防水の使えるSmithPaulの腕時計がアクティブに動くアラフォー男性に最適です。

オシャレ上級者が選ぶTAG Heuerのクロノグラフ

オシャレな男性なら、
アラフォーともなればクロノグラフの一つや二つは持っているはずです。

ここで若者に差をつけるクロノグラフといえば、
TAG Heuerのモナコです。

TAG Heuerは、モータースポーツと非常に関連の強い、
スイスの老舗高級腕時計メーカーです。

高品質で高性能、これはもう折り紙付きで、
あとはどのラインを選ぶかという問題です。

ここでアラフォーにオススメは、
モナコのクロノグラフです。

モナコのクロノグラフを名実ともに世間に知らしめたのは、
「栄光のルマン」という映画です。

主人公のスティーブ・マックイーンが着用したことで、
世間から注目されました。

モナコはスクエアのフェイスに、
自社生産の自動巻きムーブメントを搭載しています。

映画では、地中海の海の色をインスパイアしたブルーフェイスの腕時計を着用していますが、
ブラックフェイスはシックな装いで、
ビジネスでもプライベートでも使いやすいカラーです。

TAG Heuerの中でも、
持っている人が少ないモナコ。

オシャレ上級者になれますよ!!

世界で完売した限定モデルがオトコの差をつける

2010年に発売されて世界中で完売した、
幻の時計を知っていますか?

その名は「モリッツ・グロスマン」。

ドイツで21世紀に入ってから復活した、
針の一本まで全て自社で製造しているこだわりの時計です。

19世紀、ドイツは手作り時計産業において世界最先端の技術を誇っていましたが、
第二次世界大戦でその産業が衰退。「モリッツ・グロスマン」は、
その精巧で堅実なドイツ時計を復活させました。

2010年に発売された第1号は、
世界中で完売し、世界の時計マニアを熱狂させています。

今年、その「モリッツ・グロスマン」は日本限定モデルを発売。

シンプルでシャープな文字盤ながら、
全てのパーツが自社製造されており、
かつ、世界最先端の技術が用いられています。

機能の素晴らしさは勿論のこと、
ドイツという国柄を反映したかのような、
シンプルながら重厚感のあるデザインはビジネスの場においても
「本物を知っているオトナのオトコ」を演出してくれることでしょう。

今回の日本限定モデルは、
「ゴールド+茶皮」「シルバー+黒皮」それぞれ15本ずつの販売となっています。

購入出来る「モリッツ・グロスマン ブティック」は
世界でも東京にしかありません。

40代男のセクシーな姿を魅せたい時にはセイコー

セイコーのスポーチュラは、ブラックなカラーが美しい腕時計です。

文字盤の枠には深みのある金色がとても美しく、
セクシーさとスポーティさとの融合が素敵な腕統計です。

最先端の技術を駆使しているのが特徴的で、
キネティック駆動方式も使えるところです。

日付けもとても大きくて見やすいのも嬉しいところですね。

このメンズの腕時計は、
スポーツウォッチで運動にも最適ですね。

蓄光インデックスがより見やすく、
夜でも綺麗に時間が見える、
ビジネスマンに最適な腕時計なのです。

ネジロック式リューズで、
10気圧の防水性で非常に高いのも、
雨の日でも快適に時を刻むでしょう。

サファイアクリスタルガラスの風防で、
より丈夫なのに品があるところが、セイコーのスポーチュラならではですね。

ホワイトのステッチがより個性的で、
カーフレザーがよりおしゃれにデザインされています。

腕にカジュアルテイストと魅惑的なダンディさを融合させたデザインが、
より40代の男性にぴったりです。

世界を股に駆ける40代男性の上質なスーツにはSEIKO

様々なビジネスを任されるSEIKOのBRIGHTZ SAGA199が最適ですね。

多機能ソーラー電波なので、
いつまでも電池換えをする必要がないのが、
忙しいビジネスマンにぴったりです。

SEIKOブランドの集大成とも言えるデザインと機能性を詰め込んだ、
本物の価値を感じる、そんな腕時計なのです。

この腕時計の個性的な部分としては、
文字盤がブラックカラーが美しい網目状になっているところです。

過充電防止機能からパワーセーブ機能、
ストップウォッチ機能まで搭載しているのも魅力的です。

他にも、即スタート機能から24時針付きで、ますます使えるところです。

ビジネスに使えるフルオートカレンダー機能は実に2099年までとなり、
電波修正機能付きで、
自分で時間を修正しなくてもいいのも便利なところですね。

常に正確な時間を表示するから、
一瞬を逃さないビジネスマンの強い味方となるでしょう。

また、世界の25タイムゾーンの時をチェックができるのも、
この腕時計の素晴らしいところです。

SEIKO BRIGHTZ SAGA199は、
耐メタルアレルギーで、より安心して40代の腕にハメることができます。

シンプルスタイルにこだわる男子はセイコーがをつける

日本の腕時計はその性能の良さから世界でも高評価を得ています。

その1つとも言えるのが、セイコーです。

若いころというのは、
どうしても海外のブランドに目が行きがちになってしまいますが、
やはりアラフォー男子は一周回って国産の良さがわかる世代です。

セイコーの腕時計は、見た目もシンプルで、
機能性だけではなく、クオリティに関しても問題がありません。

特にアラフォー男子が注目すべきセイコーの腕時計モデルが、
ブライツシリーズです。

重厚な作りと、カラーで、
しかも、仕事で忙しいアラフォー男性にぴったりなソーラー電波時計になっているものを使えば、
電池交換などに行く必要もなければ、
それに伴う費用を捻出する必要もありません。

腕時計のデザインがシンプルですから、
シンプルなファッションを好む方にはぴったりですし、
どんなシーンにも対応してくれる、まさに万能腕時計です。

効率もよくなり、
ファッションレベルもアップさせてくれる素敵な腕時計です。

アラフォー男性が選ぶ自分へのご褒美

ここではアラフォー男性に自分へのご褒美に購入したことがあるモノ
または購入したいモノ、
オススメのアイテムなどをうかがってみました。

憧れのPatek Philippeの時計で新たな時を刻む

40代に入り、独立開業したのをきっかけに長年憧れていた「Patek Philippe」の時計を購入しました。

Patek Philippeは、1839年スイスのジュネーブに設立された、世界三大高級時計ブランドの一つです。

実用性とデザインの美しさを兼ね備えていて、
世界中の偉人やセレブを虜にしています。

「Patek Philippe」のケースは鋳造でできているため、、金属をプレスして成形します。

そうすると勤続の目がしっかりと詰まるようになり、研磨をしても滑らかに仕上がります。

年次カレンダーの機能がついているので、実用性も高いです。

若い頃から憧れていて、
いつかこの時計にふさわしい人格と実力を兼ね備えた人間になったら購入しようと決めていました。

時計は、その人の生き方やこだわりが出る部分です。

特に男性は、女性と比較するとファッションアイテムの数が少ないので、時計に目が行きやすくなります。

今まで使っていた時計もお気に入りだったのですが、
年を重ねた自分にふさわしく、今後の自分へのエールの意味も込めて、思い切って購入してみました。

アラフォーの自分がご褒美に買ったピーコート

私は普段、自分の服や靴、ズボンなどをそれほど買い替えずに長年使用しています。
妻や子供たちはそれらを買い替えることが日常的になっている事ですが、
私が買い替えるものと言えばほとんど下着や靴下、ワイシャツなどでした。

通勤バッグなどもそうですが、
壊れたり汚れが酷くなってしまったときは別としても、
私自身ももちろん普段から新しいものが欲しくなることがあります。

世間では近年、アラサーやアラフォーという言葉が定着してきましたが、
私はアラフォーの世代に入ります。

20代の独身の頃は、給与の半分以上は自分の自由に使えましたから、
色々と好きなものを買ったりも出来ましたが、
結婚して妻子が出来るとなかなかそういうわけにもいきません。

そんな中、以前からプライベートで使用しているダウンが段々と生地の痛みが目立つようになり、
先日ようやく妻に買い替えの承諾をしてもらいました。

そこで、以前から気になっていたバーバリーのピーコートを自身へのご褒美も兼ねて購入しました。

独身時代にこっそり残していた貯金も当てて、
久しぶりに高い買い物をしました。

デザインも気に入ってますし、大事に使用して長く愛用したいと思っています。

敢えてエルメスの腕時計を手に入れ、手元のリュクス感をアップ

自分へのご褒美、何という甘美な響きでしょうか。

いつもいつも奥さんや子供たち、
はたまた恋人へのプレゼントを優先させてきたあなたにだって、
プレゼントを受け取る権利はもちろんあります!
しかも、奮発して良いはず!

…となれば、自分自身の品格が上がるような逸品を選びたいものですよね。

そこで、アラフォー世代の男性の品を、
嫌味なく上げてくれるのが、
エルメスの腕時計『Arceau アルソー』です。

シンプルなフェイスに、
エルメスらしい革のベルト。

シンプルだからこそ、エルメスならではのリュクス感が溢れています。

時計の高級ブランドは数あれど、
アラフォー世代の男性が着けると、下手をすると成金風に見えてしまったり、
いかにも、な、これ見よがしな風情が漂いがちですが、
このアルソーに関しては、その心配は皆無!
安心して身に着けられます。

シンプルだからこそ、
オンタイムはもちろん、
オフの日のカジュアルにもしっくりと馴染むのが嬉しいですね。

ご褒美にオメガの時計を!両親にもらった腕時計は親に返して

40歳の誕生日を控えて、
そして今までずっと携わりたいと切望してきた仕事のプロジェクトへの招集があったこともあり、
自分にご褒美を買ってしまいました。

オメガの時計です。

就職祝いで両親から腕時計をもらい、
それを「自分の納得いく仕事が出来るまでこの時計をして頑張る!

自分で時計を買うときは自分が納得できる仕事が出来るようになったとき」
と自分の中で約束事を作ってこれまで働いてきました。

プロジェクトは会社の柱ともいえる案件で、花形でもあります。

それに参加するということは外部の人ともお会いする機会が増えるということです。
もちろん両親から貰った時計もそれなりに良いものでした。

でも、「自分で納得できそうなところまで駆け上がれた」という自信を形にして、
堂々とプロジェクトに参加するという意味で買い替えることにしました。

今までの時計は両親に返して。

「この時計をしてここまで頑張ってきた」という言葉と共に。

そしてこれからは本当に自分の足で駆け上がっていこうと思います。
で、念願だったオメガの腕時計を買ったのです。

両親は、私が思った以上に喜んでいました。
仏壇に腕時計を飾っていました。

私は元気なのに(笑)

自己満足かと思っていましたけど、自分の買い物で両親に孝行が出来たので良かったです。

念願のDIESELのレザージャケットで気分はチョイワル親父

昔からワイルドなレザージャケットが好きでした。

アラフォーになってからも好みは変わらず、
チョイワル親父目指して是非レザージャケットが欲しいと思っていたのです。

狙っていたのはDIESELのレザー、
13万円程ですが上品でしっかりとしたレザーが魅力でした。

昔はレザージャケットは古着屋でノンブランドでも安いものを買ったものですが、
アラフォーとなったからには自分へのご褒美としてブランド物を買おうと決めていました。

妻ももはや文句は言わないだろうと思い、
冬のボーナスで自分へのご褒美としてとうとう購入を決めました。

若い頃はライダースを好んで来ていたのですが、
年齢なりにブルゾンにしました。

チョイワル親父を目指してちょっと細めのパンツも購入、
すっかり気分は「ワイルド」です。

レザージャケットは一生ものですので自分の好みに合うものが一番、
初詣もこれでバッチリ決まります。

毎日ビジネススーツばかりで過ごして20年強、
なりたい自分になれるDIESELのレザージャケットはアラフォー男性の遊び心をくすぐってくれます。

アニアリのレザートートで大人の渋さを演出

今まで使用していたビジネスバッグがだいぶくたびれてきたので、
新調することにしました。

これまでビジネスシーンで共に戦ってきた盟友だっただけに手放すのは寂しかったです。

しかし、ふらりと立ち寄ったバッグブランド「アニアリ」で、
レザートートにすっかり一目ぼれをしてしまい、購入してしまいました。

アニアリは、1997年設立の若い会社ですが、
品質維持と職人育成のためオールメイドインジャパンを貫いている信念のある会社です。

アニアリとは、「An ideal and reality(理想と現実)」を意味しており、
機能性とデザインの両立を職人たちが追及しています。

柔らかくて軽く、肌に馴染む極上の皮からは高級感が滲み出ていて、
使いこめば使い込むほど味が出そうで、楽しみです。

金具もシャープなフォルムになっていて、
細部までこだわり抜いたデザインに品格を感じます。

若い子には似合わない、
威厳ある風格のあるバッグは、40代男性にピッタリ。

これから共にまたビジネスシーンで戦う盟友になること間違いなしです。

ボーナスで自分自身へのご褒美のバーバリーのマフラー

冬場のビジネスマンの着こなしでマフラーは非常に重要なポイントになります。

特にコートなどのアウターまでを必要としない冬の時期にとにかく役に立つのがマフラーです。

最近ではだ脳の影響もあり、コートを持っていても着ないことが増えていますから。

ということで私自身がボーナスでいつも何かを購入するにあたって、
今年はバーバリーのマフラーを購入することにしました。

何しろ利用頻度が高いマフラーだけにクリーニング、
そしてラインナップのことを考えても数種類が必要。

そこにはデザインとしてバーバリーのマフラーはオーソドックスなもので欠かせないと考えたからです。

スーツの色やシャツ、ネクタイに関係なく、
バーバリーの伝統的なデザインは非常に重宝します。

肌触りも非常に柔らかい生地を使っていますので、
多少汗ばんでもかゆくなるということも少ないのがメリットとなるポイントになっていると思います。

正直、多少のデザイン違いでバーバリーのマフラーを2本持っていてもよいと考えています。

スピードマスターでようやく大人の仲間入り

社会人になりたてのころは腕時計をつけていたのですが、

その後携帯全盛時代になり携帯を時計代わりにする人も多くなりました。

自分も少し恰好悪いなとは思いながらも携帯を腕時計代わりに使っていました。

ただ40歳も近くなり、社会人歴も15年を超えてくると、
身なりもだらしない格好をするわけにもいかなくなります。

腕時計は以前から欲しいとは思っていたのですが、
どうせ買うならば昔からあこがれていたオメガのスピードマスターにしようと最初から決めていました。

結婚しているため欲しいと思ってもいきなり買えるほど、
自分のお金に余裕はまったくありません。

ただキャッシュで買うつもりだったので、
コツコツためた貯金額がようやく、
スピードマスターを買えるぐらいにたまったので、
思い切ってスピードマスターを購入しました。

金額的には40万弱でした。

つけてみると重厚感もあって、少しばかげていますが、
自分もようやく一人前の大人になったような気がしました。

一生もので使っていきたいと思っています。

頑張った自分に買ったご褒美はROLEX

大人になるとどんなに頑張ってもめったに褒められることもないし、
ご褒美なんてもらうことができません。

毎日朝早くから夜遅くまで頑張っている自分へのご褒美でずっとほしかったブランドの時計を買うことにしました。

ROLEX デイトナSSです。

芸能人が持っている時計を買うというのが若いころからの夢だったからです。

普通のサラリーマンが買うような値段ではないので、
欲しいなあと思いつつもカタログを見るだけで我慢していました。

就職してから20年間苦労しながらも頑張って毎日勤務を続けてきました。

高級な時計を買えるような身分ではありませんが、
一生の中で一度でも贅沢をしてみるというのもいいんじゃなかなと思いました。

さすがに一括払いはできないのでローンを組んで毎月コツコツと返済しています。

ずっとあこがれていたロレックスは、
ずっしりとした重みがありずっと見ていても飽きないです。

落としたり盗まれたりしたら怖いので、
自宅の机の引き出しの中にしまったままとなっています。

機能性抜群のTUMIのビジネスバッグこそ自分へのご褒美にピッタリ!

男性ビジネスマンにとって最もオススメのビジネスバッグが「TUMI」(トゥミ)です。

ビジネスマンにとって不動の人気を誇っています。

トゥミは何と言っても機能性が群を抜いています。

代表的なデザインではポケット部分が内側だけでなく外側にも2つ3つ付いており、
細かな物が1つのポケットにパンパンになることはまずありません。

さらにペットボトルも綺麗にポケットに収容できる程、利便性に優れています。

さらにバッグ自体の耐久性も非常に優れており、
防弾チョッキで使われている素材と同じものを使っていることもあり、
一つ購入すれば長年愛用できるのも魅力的です。

大人の男性となれば「若い感じのバッグ」を嫌う傾向がありますが、
TUMIはデザインが洗礼されており、
30代、40代の男性が持つと味がでてカッコ良いです。

毎日使うものだからこそ自分へのご褒美としてピッタリだと思います。

そしてビジネスマンは仕事も忙しく、外出先で仕事をする機会も多いでしょう。

ノートパソコンや資料、フォルダーなどが重なっても綺麗に収容することができ、
機能性、耐久性、デザイン性、便利性を考えると最高のブランドバッグと言えます。

LOEWEカードケースでおしゃれでデキる男を演出

会社で新規プロジェクトを立ち上げ、新たな役職に就き、
名刺も変わったため、心機一転名刺入れを購入しました。

選んだブランドは、1846年に創業されたスペインの「LOEWE」。

財布やバッグなどのレザーグッズが有名で、
1905年にはスペイン王室御用達の称号を授かるほどになっています。

若い頃から、名刺入れには自分なりのこだわりを持っていました。

名刺は、会社と自分の看板でもあるので、安い物は持ったことがありません。

デザインもビジネス使用なので、
取引先に好印象を与えるシンプルで質感が高級そうなものを選んできました。

今回、購入したLOEWEは、
形やカラーなどが個性的な物からシンプルな物で豊富に揃っています。

ビジネス使用なので、シンプルな物をチョイスしましたが、
シンプルな物ほど質が悪いと目立ちます。

「LOEWE」は、デザインがシンプルでもそのたたずまいからは本格派で高貴な雰囲気が出ていて、
年齢を重ねた男性にふさわしい品格が出ているのです。

オトナ男子腕時計④

オトナ男子の腕時計その④です。

ちょっとした小物で40代男の手元が格好良くなるトレアッカエムワン

dartsaka

ちょっとした小物で40代の手元を格好良く見せたいと思う人には、
トレアッカ エムワンの腕時計が最適です。

この腕時計は実に斬新です。

黒とピンク、パールカラーがまるでダーツのようなデザインに配色しているのが実に個性的です。

円盤の枠の部分にも2色のカラーが交互に施されていますし、
文字盤には交互に様々なカラーが配置されています。

その配置も、大きなさが微妙に違うニュアンスを取り入れ、
より斬新さを演出しているのです。

パールの色は向きによってその色を変えるのも楽しいところです。

12、3、6、9の数字のロボット的な形がおしゃれで、遊び心を忘れさせません。

文字盤と数字部分の色の違いにすることで、
より数字が立体的に見える部分が見やすいところです。

このトレアッカ エムワンの腕時計のバンド部分には、
程よく腕の動きに対応するので、締め付け感が少ないのが嬉しいところですね。

20気圧で逆回転防止ベゼル、
ねじロック式りゅうずなどの便利な機能も満載です。

パッと腕に華が咲くような、そんな魅力のある腕時計です。

男らしいスタイルをキメるにはハミルトン

40代男性ともなれば、そろそろ管理職についている方も多くなってきている頃です。

ですから、今まで以上にビジネスアイテムにはこだわりたい所ですよね。

そんなアラフォー男性にぴったりな腕時計が、
アメリカ生まれのブランド、ハミルトンです。

ビジネスマン憧れの腕時計とも言えるブランドで、
特におすすめなのが、ハミルトンの代表的モデルであるクロノグラフになっているものです。

文字盤がメンズウォッチらしく大きめになっていることに男性らしさやたくましさが与えられ、
デキるビジネスマンに見せてくれます。

ベーシックなデザインではあるのですが、
躍動感があって、非常に紳士的な存在感を放っています。

アラフォー男子であれば、シルバーのメタルバンドとクロノグラフの組み合わせのカーキや、
ジャズマスターシリーズの腕時計を選べば、
スーツスタイルにもマッチするだけでなく、普段のカジュアルスタイルにも風格を与えてくれ、
全体的にきりっとしたイメージを得られます。

美しさと派手さを求める40代の男性に似合うVestal

goldchairo

少し派手な腕時計が好きな40代の男性には、
VestalRESTRICTORが最適です。

黄金の色が美くしく、よりゴージャス感と気品を身に付けられるところがおしゃれです。

ブラックなスーツの袖を捲くって、
こんな美しい黄金色の時計が見える40代の男性は実におしゃれですね。

円盤は薄めのゴールドも美しいところですね。

艶消しタイプだから、嫌味がありません。

渋い40代男性の品格を表すような、高級感のあるVestalの腕時計なんです。

未来感がありながらも、どこかレトロ感も融合させたかのような色と文字盤が、
より身に付ける人を癒すことでしょう。

ラグジュアリー感も美しく、回転式ベゼルも、より個性的で遊び心がありますね。

このVestalのゴールドメタルの腕時計は、
リューズカバーがスクリューとなっているのも面白いところです。

また、左側にクロノボタンのムーブメントのクウォーツとなっています。

10気圧防水性能で、1/10秒表示のクロノグラフとなる、
1度は40代の男性に身に付けて欲しい美しい腕時計です。

アートを感じたい40代男のファッションにはガガミラノ

gagablog

文字盤にはアートティックな数字が描かれている部分が斬新で、おしゃれなガガミラノです。

イタリアのブランドのガガミラノは、
その針と数字がより個性的な形となっており、
それがよりオリジナリティ溢れるデザイン性が高いのも魅力的な腕時計です。

数字の枠を黒く囲んでいるので、
より立体感のある数字に見えるわけです。

丸型ケースにはステンレス素材だから丈夫で、
枠には光るゴールドカラーがとっても艶があり、
ますます艶と魅力を磨く40代の男性を輝かせるところです。

文字盤には美しく、より深みのあるピンクゴールドを採用し、
より美しく輝く演出が、更にアート性を高めます。

スクリューバックを搭載し、3気圧の防水性、
スモールセコンドという機能性を持つのが、よりこのガガミラノを楽しめるところですね。

ベルトカラーはブラックに近いカラーで、
深みのある40代の男性にとっても合うでしょう。

上質なレザーを採用し、そこにポップなオレンジカラーのステッチを施しているのが、
ちょっとした大人の遊び心を演出します。

オトナ男子腕時計③

まだまだ腕時計シリーズは続きます!

A.ランゲ&ゾーネで、大人の魅力をアピール

alas

男性にとっての腕時計は、ビジネスシーンでは共に闘うパートナー、
オフシーンではおしゃれを楽しむためのアクセサリーです。

指輪やネックレス、ピアスといった、
様々なおしゃれグッズを身に着けることができる女性と比較すると、
男性は自分を表現するためのファッショングッズが少ないように思います。

だからこそオンでもオフでも腕時計をファッションとしてこだわり、
身に着けることで他の人とは違う自分の個性をPRすることができるのです。

人間としても落ち着きが出て、深みを増す40代男性におすすめなのが、
「A.ランゲ&ゾーネ」の腕時計です。

1845年にドイツで設立されたブランドで、
最高レベルの機械式腕時計を発表し続けています。

芸術的な職人技が光る腕時計は、
時計マニアの人々からも一目置かれる存在です。

クラシカルで知的、洗練されたデザインは、
年を重ねた深みのある大人の男だからこそマッチします。

ビジネスシーンからオフタイムまで、
様々なシーンに対応できる癖のないデザインなので、
飽きることなく長く使い続けることができます。

A.ランゲ&ゾーネで、大人の魅力をふりまいてみませんか?

ポップなTシャツに合う40代男のヴィヴィアンウエストウッド

時にはポップでカジュアルなウェアも着こなしたい40代のアラフォー男性には、
ヴィヴィアンウエストウッドの腕時計が似合います。

この腕時計は、とっても軽やかに腕にハメることができるのが魅力的です。

ブラックとレッドカラーが印象的なイギリス国旗がとってもおしゃれな文字盤は、
品のある長方形となっているのも個性的です。

レトロ感のある国旗に、赤いパウダーを塗ったかのようなところが、
ますますおしゃれさを醸し出す部分です。

ローマ数字が大きく、文字盤の枠などが光沢のある金色なのが、
まるでイギリス王国の王冠のようなのがより素敵です。

ヴィヴィアンウエストウッドの腕時計は、
ユニオンジャックの部分がより個性さを演出します。

オーブをあしらっており、カジュアルの中にも気品を表現します。

ブラックレザーと、裏面のレッドレザーの2色カラーがとてもおしゃれです。

5気圧の防水性があり、駆動方式クオーツなのも特徴的です。

ミネラルクリスタルガラスで、より旗が立体的に見えます。

40代のちょっとした楽しさを演出します。

落ちついた大人の男性の手元にハメたいルイエラール

4369e

TAKEO KIKUCHIのルイエラールは、
ホワイトに近いシルバーなカラーが美しい文字盤が素敵です。

派手過ぎず、落ちついたシルバーカラーが実に品があり、
大人な光沢感が40代の男性にぴったりです。

曜日カレンダーが英語で表示されるところが粋で、
ローマ数字がより気品を表現します。

この数字はブラックカラーなので、より浮き出る感じに見えて、
はっきりと数字を見れるところが会社でもより使えるところです。

この腕時計はスイスメイドとなり、1931年に創業しました。

この腕時計はホワイトとブラックがそれぞれ50個づつ生産されています。

シリアルナンバーが刻印されているのも特徴的です。

タケオキクチの為に生産したもので、刻印しているのが特徴的です。

TAKEO KIKUCHIのルイエラールの腕時計は、
この自動巻き式ですから、忙しいビジネスマンに最適です。

スイス製でより壊れにくいのも、
40代のビジネスライフを支えることになるでしょう。

文字盤がシックなブラックカラーもあるので、
その日の気分で色を選ぶのも楽しいものですね。

ゴルフウェアにも合うカジュアルなLION HEARTの腕時計

趣味はゴルフという人も多い40代の男性には、
カジュアル感が光るLION HEARTのELECTRICのCWLABという腕時計がぴったりですね。

重すぎないから、腕を振るゴルフにもぴったりです。

ブラックカラーだから汗をかいても汚れが目立たないところも良いですね。

LION HEARTのこの腕時計は、
シンプルで肩も張らずに腕にはめることができるのも良いところです。

文字盤の数字部分はグレーカラーで目立ち過ぎず、嫌味がありません。

リューズも親指で押しやすい位置にあるのも便利なところで、
忙しいビジネスライフにも最適です。

LION HEARTの腕時計のベルト部分は良質な牛革となっていて、
それが上質なスーツにも合いますね。

人工的な色ではないからこそ、使えば使うほどに色に深みが増します。

そんなところが、40代の男性にぴったりなのです。

ケースには丈夫なミネラルクリスタルとサージカルステンレスを採用し、
動くビジネスマンにも、ゴルフをする40代にもぴったりな腕時計です。

ONにもOFFにも!使い勝手の良いPANERAIの腕時計!

イタリア、フィレンツェの時計のブランド、
OFFICINE PANERAI(オフィチーネ パネライ)をご存知でしょうか?

日本では、ロレックスやパテックフィリップほど有名なブランドではありませんが、
日本やアメリカをはじめとして、世界中に熱烈なファンがおり、
各国でオフ会が開かれるほどの、知る人ぞ知るブランドなのです。

そのオフ会のメンバーはアラフォーの男性がメイン。

パネライにハマっているアラフォー男性に話を聞いてみると、
スーツにもジーンズなどのカジュアルにも馴染み、
嫌味のない高級感があるところが気に入っているのだとか。

機能的にも、元々が気圧計やクロノメーターなどを作る精密機器のメーカーなので、とても優秀。

フェイスもごちゃついておらずシンプルなところがアラフォー向けなんです。

パネライ好きのアメリカのアラフォー男性は、
希少なモデルを手に入れるためになら、
NYからヨーロッパへひとっ飛びというくらい惚れこんでいるんだとか。

パネライ同士の物々交換が行われたりするそうですよ。

ここまで大人の男性を魅了するパネライ、一度チェックしてみては?

オトナ男子腕時計②

オトナ男子へオススメの腕時計の続きです。

腕には個性で遊ぶ40代男はOriginal Grainでキメる

org

色々なおしゃれを楽しみ、追求した個性を求める40代男性には、
Original GrainのThe Barrel- Whiskeyが似合います。

ゴールドでもなく、シルバーでもない。本当の個性というものは、
自然の木が表現するものなのです。

素朴な木の木目を文字盤に施したこの腕時計は、
実にナチュラル感が漂うのが素敵です。

この使われている素材は実際にウイスキーの樽材に使われていたものを使い、
よりレトロ感とナチュラル感を醸し出すデザインが素敵なんです。

アメリカのオレゴン州にルーツがあるこのOriginal Grainというブランドだからこそ、
木を使った腕時計を誕生させたのでしょう。

日々の忙しいビジネスライフに、ホッとした安らぎを与えるようなデザインが素敵ですね。

バンド部分にも木をふんだんに使い、体温で優しい木の香りがフワッと香ってくるようです。

ケースもウッドケースで、クオーツには信頼のある日本製ミヨタ社のムーブメントを採用しています。

硬質ミネラルクリスタルガラスで、より傷にも強く、割れにくいのがますます嬉しい腕時計です。

地球を考えた素敵なアラフォー男性の魅力が増しますね。

ダンディズムを感じさせる素敵なデザインのageteの腕時計

よりダンディズムを求めるアラフォー男性にぴったりなのが、
ageteのAGETEM5BKです。

メタル感が強く、機械的な色合いが斬新で、素敵な腕時計です。

円盤は丸いのに対して、その周りには角のあるバンド部分がロボット的な個性感を出し、
より斬新さを楽しめるデザインとなっています。

ageteの腕時計はドレスタイプが素敵で、
色合いがまるでタキシードのように深みがあるのが気品を感じさせるところですね。

文字盤にはキラリと光るゴールドをさりげなくあしらったところが、ますます個性を演出します。

オリジナルウォッチでもあり、文字盤のインデックスには、
より立体感を出すアップライト方式を採用しているのも特徴的です。

クリスタルガラスにはドーム型をあしらっているのも、より高級感を出すところで素敵です。

円盤にはマット仕上げのブラックカラーで落ち着きがあるから、
渋さを出すアラフォー男性にもぴったりですね。

モダンで品格高いデザインとカラーは、ワンランク上のダンディなアラフォー男性をより輝かせるでしょう。

容姿を輝かせたい40代男にはアイテムにはVERSACEの腕時計

黄金色に輝いた美しい色合いが輝くVERSACEのV-RACEは、
よりアラフォー男のやる気を駆り立てます。

自分の能力と権力を主張する時には、このVERSACEの腕時計が最適です。

この腕時計は、本物の輝きを感じられる艶のあるゴールドの色合いがとても美しく、
まるで、ゴールド棒が本物の輝きを醸し出すところが魅力的なのです。

円盤の枠には、このブランドのロゴが刻まれており、気高さを感じさせるところです。

先端のファッションの発祥地とも言うべきイタリアから生まれたブランドでもあり、
その斬新なデザインと個性が光る艶を感じられる腕時計なのです。

伝統を重んじ、芸術性の高いデザインは、
本格思考のダンディな男性にぴったりですね。

1つの芸術作品を思わせるこの腕時計は、
イタリアンスーツにも引けを取らないほどに映える時計です。

メデューサが刻まれているのも特徴的で、GMT機能を搭載しています。
また、アラーム機能もあり、朝、起きる時間には、腕時計を使っては起きることができますね。

日常生活防水機能があるのも便利ですし、
サファイアガラスでより美しいながらも丈夫です。

より輝く人生を送りたいと願うアラフォー男性にぴったりですね。

大人のカジュアルを演出できる腕時計ウェンガー

wng

時計大国スイスで長年愛されてきたウェンガーの腕時計は、
スイス軍からの熱い信頼と評価を得てきました。

その証としてウェンガーは、唯一スイスの国旗を製品に付けることを託されています。

がっちりとした堅牢なフェイスを持つウェンガーは、
男の腕時計として文句なしの存在感を演出してくれると高く評価されています。

人気のある腕時計の主要なシリーズは、
コマンドクロノ、ダイバーズウォッチのバタイロン、シーフォース、コックピットをイメージしたエアログラフ、
アウトドアで人気のオフロード、レンジャーなどがあります。

中でも、コマンドクロノシリーズの70725モデルは、
映画で人気俳優が使用していたことから日本でも注目され、ウェンガー人気に火が付くきっかけとなりました。

フォーマルなシーンには向いていませんが、
休日にでアラフォー男性の腕からコマンドクロノが、
さり気なく見えたら大人のミリタリーファッション上級者といった感じでカッコイイですね。

ビジネスにもプライベートにも使える男の腕にはグッチ

グッチのYA126303は、そのブランドのシックながらも独創的なデザイン性を感じられる腕時計です。
深みのあるブラウンのバンドカラーが、よりシックな40代の腕に合いますね。

グッチの独特なデザインが文字盤にも表現され、
一段と個性豊かな魅力を楽しめるところです。

その文字盤のカラーは程よく品のあるアイボリーカラーが美しく、
象牙の独特な品も感じられるのも楽しくなる腕時計でもあります。

ブランドのロゴを12時の位置にあしらっているのも素敵なところですね。

丸型ケースは光沢のあるステンレス素材となり、ますます文字盤を美しく彩ります。

レザー素材のベルトの裏には、またまたグッチのロゴ文字が刻印されているのも、
グッチ好きな40代の男性を魅了することでしょう。

バーインデックスとディプロイバックル式の中留め構造も個性さをより感じさせる部分です。

5気圧の防水性となり、カレンダーも付いています。

文字盤の枠や数字の表示部分には美しいシルバーカラーを採用し、
ますます美しく輝く40代の男性にぴったりのグッチです。

クールにスポーティを身に着けるタグ・ホイヤー

tgh

ビジネスに忙しいオトナな男にタグ・ホイヤーはいかがですか?

いつものスーツにいつものネクタイ。
そんな毎日から、ちょっとした違いのわかる大人をのぞかせるのが腕時計です。

ビジネス一辺倒のスタイルからちょっと脱皮して、
遊び心を演出するのもオトナのたしなみと言うものでしょう。

それを実現する重要アイテムの一つが腕時計です。

そんなオトナな男が身に着けるクールなスポーティがタグ・ホイヤーです。

スーツの袖からキラリと光る躍動感あふれるデザインは、
オトナの気品を漂わせながらもやんちゃな一面も忘れないオトコを十分に演出してくれます。

デザインだけではなく時計に必要な正確に時を刻む能力は世界のスポーツで実証済みです。

特にF1におけるタグ・ホイヤーの信頼は絶大なるもの。

正確さの上に、頑丈さも加わった優れたスイスの時計メーカーです。

いつもの革バンドで決めるのもいいけど、
今日はちょっと気持ちを変えて活動的な自分をアピールする腕時計、タグ・ホイヤーに着替えてみませんか。

オトナ男子腕時計①

ここではオトナ男子にオススメの腕時計をご紹介します。

ベストを求める40代男性に最適なnano・universeの腕時計

hmlt

シンプルで使いやすく、しかもおしゃれ感満載の腕時計が合う40代の男性には、
nano・universeのHAMILTONが似合いますね。

このnano・universeという腕時計は、大きな文字盤に見やすい太めの数字があり、
忙しいビジネスマンもパッと見ては、仕事ができるのが便利です。

丸みのある数字で優しく、はっきりと今の時が見れる素敵な腕時計です。

また、文字は白いから、数字が見やすく視認性が高く
また針も白く、目がチラつかないのも特徴的です。

優しいのに、ミリタリー・ウォッチだからこそ、丈夫なところもgood!

秒針を止めることができるリューズを引ける便利なハック機構に、
軽量な円盤時計で、腕にストレスがかかりにくいです。

サンドフィニッシュ・ケースでより光の反射を抑えることができるので、
より文字盤が見やすいのも良いですね。

自動巻キャリバーでムーブメントもどことなく懐かしさを感じさせ、
40代の忙しい男性を和ますところでしょう。

技術力が高いハミルトンだからこそに生み出す、
ベストを求める40代の男性にぴったりな時計です。

ワイルドさを追求するアラフォー男の腕を引き立たせるディーゼル

美しいホワイトカラーが際立つディーゼルのDZ1476が40代男性に最適です。

バンドもホワイト、文字盤までホワイトカラーとなるこの腕時計は、
カジュアルなポロシャツやストライプのシャツにも合いますね。

日焼けした肌ならば、より映える、おしゃれな腕時計です。

ディーゼルブランドの個性を感じさせるデザイン性の高いところが、
ますます目の肥えた40代男性を虜にすることでしょう。

針や文字盤には、白に映える金色となり、このコントラストが実に斬新でおしゃれです。

丸型ケースはステンレス素材となり、艶消しなシルバーカラーが無機感をより演出し、
男性的な頑丈さを表現しているのも素敵です。

3時の位置には便利な日付表示機能があるのも見やすく、
穴留め式の中留め構造で腕にハメやすいです。

スクリューバックを文字盤の裏側に使い、
10気圧の防水性とミネラルクリスタルガラスがより文字盤を見やすくします。

文字盤の反対部分には、ディーゼルの個性あるパンク的な男性の顔が施されているのが、
よりワイルドさも楽しめる腕時計となっています。

モンブランの腕時計で上品さをプラス!!

コンサバティブなアラフォー男性にオススメの腕時計は、モンブランです。

モンブランといえば、言わずと知れたドイツの老舗文房具メーカー。

オシャレに敏感な男性なら、
モンブランが腕時計を作っていることは、ご存知ですよね。

モンブランの腕時計、
文房具同様いくつかのラインがありますが、
やっぱりアラフォーにオススメなのは「マイスター・シュティック」というラインです。

アラビア数字やローマ数字の文字盤で、
とても見やすく、上品なテイストです。

さらに、よく見ると、文字盤はギョシュ彫りが施されている凝った仕様です。

シンプルかつ上品なフェイスに、クロコの革バンドがよくマッチしています。

そして、自動巻きモデルは裏蓋がスケルトン!!
時計内部の動きがよく見えます。

こんなに凝った造りをしているのに、
3針のシンプルなモデルなら20~30万円と、コストパフォーマンスも最高峰なのです。

竜頭には、ご存知の「ホワイトスター」がデザインされ、
見る人が見れば、必ず「なかなかやるね!」と思われるはず。

モンブランの腕時計で、上品さに磨きをかけましょう。

未来に目を向ける40代男の腕を彩るNOOKA ZON

nok

NOOKA ZONの2008AWは、
より未来を見据えた40代の男の腕にぴったりです。

色はベルトも文字盤もブラックで、
よりおしゃれ感のある素敵な腕時計です。

このNOOKAの腕時計の魅力は、
正方形に近い四角の文字盤がとてもユニークさを演出しています。

都会的で近未来的なデザインが、どこか子供の頃に夢見た未来の腕時計のようです。

また、大きなデジタルの数字表示がとても見やすく、
針が無いから、そのチクタクという音がしないのも集中して仕事に取り組めるところなのです。

このデザインは、ニューヨークのデザイナーのマシュー・ウォルドマンがデザインしています。

独創的が光るデザインは、
より独創性を求める40代のビジネスマンにぴったりですね。

数字には、ドットの液晶表示が遊び心を感じさせます。
モードがチャート表示となるのも、実に個性的な腕時計なのです。

ノーマルな液晶時刻表示にすることもできます。

このNOOKA ZONはクロノグラフ搭載、便利なアラーム機能で急な宿泊にもビシッと対応できます。

ワールドタイム機能も便利ですし、
デュアルディスプレイが充実した楽しい腕時計です。

オトナの男性~ブランド名鑑編~

シンプルかつ上質 イタリアのブランドDaniel&Bob

40代になると、20代、30代の若い世代とは違う大人のブランドを選びたいですよね。

そこで、40代の男性にオススメのオシャレなビジネスバックは、
Daniel&Bob(ダニエル&ボブ)のブリーフケースです。

Daniel&Bobは1976年にイタリアのフェラーラで創業したレザーグッズのブランドです。

dbbnp

日本では、あまり知名度はありませんが、
ヨーロッパでは高い支持を得ています。

創業以来、職人が手仕事で丁寧に製作するレザーグッズは、
デザインはシンプルですが、高い品質を維持しています。

これが、愛されている理由です。

Daniel&Bobのバックには、“ジルハンドル”と呼ばれる、
三層のレザーを手縫いで縫い上げた頑丈なハンドルが用いられており、
握ると手に馴染むようにデザインされています。

ビジネス向けには、柔らかい上質な牛レザーを使用したIDRISシリーズや、
イタリアのナイロンメーカー、
リモンタ社のナイロン素材DAVISを使用したシリーズがオススメです。

Daniel&Bobの上質なバックで、お洒落に差をつけましょう。

ビジネスファッションにも使える有名メンズブランドを2社調べてみました。

ブランド選びやラグジュアリービジネスファッションの参考にして下さい。

エルメス

hlm

女性物で有名なブランドですが、
エルメスのメンズブランドはビジネスファッションでもとてもマッチします。

特に40代、50代のちょいワルを取り入れたスタイルで行く場合、外せないでしょう。

2015?2016の秋冬のコートなども既に売り切れの物も出ています。

2016年、春夏のジャケットや帽子などが発売開始になったら1度チェックしてみて下さい。

ジバンシィ

香水などでも有名なブランドですが、
特筆すべきはそのデザイン製だと感じます。

スーツにしてもラフな服にしても、
他人と被りたくないと言った方には特にお勧めです。

大胆な白スーツやジャケットとハーフパンツで正装スタイルなどと
ジャンルの垣根を飛び越えて目立つ事が出来ると思います。

洋服に似合うスタイル改善が大事かもしれませんね!

様々なブランドがありますが、
上記の2社でまずはラグジュアリービジネススタイルに入門してみるのも良いかもしれません。

ラグジーな紳士ファッションにお勧めの高級ブランド靴

男の嗜み、身だしなみも足元からという事で高級、かつラグジュアリー感のあるブランドを2つ紹介します。

ジョン ロブ

jlbnp

紳士物革靴の中でも最高級ブランドであるジョンロブ。
英国で産まれた紳士の入門ブランドでもあります。

英国王室御用達のブランドであり、
デザイン製や履き心地感も最上級と言って良いでしょう。

ラグジュアリースタイル以外にも様々なファッションに対応出来るので、
日本でも人気のあるブランドです。

日本国内で買いたい場合には伊勢丹に行くと買えますが、
フルオーダー品が欲しい場合には英国で買うしか無いでしょう。

ヘンリーマクスウェル

hnl

こちらも英国御用達です。
ブランド自体の創設は1750年と超老舗のブランドです。

現在、日本国内では新品を正規に購入する事が出来なくなっており、
商品価値は高まる一方です。

並行輸入品などがもしオークションや楽天やAmazonの個人ショップがしいれていたら、
買う事も検討して良いかもですね!

英国に渡航の際にオーダーショップで注文をしてくるのが1番かもしれません。

デザイン的にも優れていますが、
革の扱いがとても上品であり、眺めているだけでも価値のある高級革靴です。

ファッションで革靴をチョイスする時点でセレブ感漂う大人のオトコを演出出来ます。

ぜひラグジュアリーファッションの参考にして頂ければ!